記事一覧

出版物のご紹介

みなさま
進化経済学会が中心となって企画刊行しているSpringer社のシリーズEvolutionary Economics and Social Complexity Scienceの5冊目として、私の編著書Contemporary Meanings of John R. Commons’s Institutional Economics: An Analysis Using Newly Discovered Manuscriptが、最近刊行されましたのでご紹介します。京都府立図書館で発見された、コモンズの主著『制度経済学』(1934)の1927年版草稿を使用した研究論文集です。下記の執筆者が約3年間の共同研究に基づいて執筆しております。書籍の最後にAppendixとして、新資料の抜粋が掲載されています。この研究成果は3月25、26日京都大学での進化経済学会全国大会でも報告する予定です。
この本の概要を掲載しているSpringer社のサイトは、http://www.springer.com/jp/book/9789811032011です。
宇仁宏幸

....................................  記  ............................
<目次>
宇仁 宏幸 Scope of John R. Commons’s Criticism of the Classical Theory of Value: Progress and Limitations in the 1927 Manuscript
徳丸 夏歌 From Carl Menger to John R. Commons: Human Volition and Value Theory in Institutional Economics
高橋 真悟 The Effect of the Great Depression on the Institutional Economics of John R. Commons
北川 亘太 Two Methods of Institutional Reform in the Institutional Economics of John R. Commons
藤田 菜々子 John R. Commons and Gunnar Myrdal on Institutional Economics: Their Methods of Social Reform
塚本 隆夫 John R. Commons’s Two Evolutionary Models of Capitalism: Industrial Stages and Economic Stages
宇仁 宏幸・中原 隆幸 The Theoretical Connection Between John R. Commons and Regulation and Convention Theories
付録 Excerpts from the 1927 Manuscript: Reasonable Value, A Theory of Volitional Economics by John R. Commons 
Chapter 1 Method
Chapter 8 Scarcity and Efficiency